トップ > 男女共同参画について

日本組織細胞化学会では男女共同参画推進委員会を設置しています。

男女共同参画について学協会間での連携協力をおこなう男女共同参画学協会連絡会へオブザーバーとして加盟しています。このページでは男女共同参画に関する情報発信をしていきたいと思います。

男女共同参画推進委員会構成

委員長:松崎利行(群馬大学)

委員:寺田信生(信州大学)、中西陽子(日本大学)、高浪景子(奈良女子大学)

2021年8月現在の日本組織細胞化学会における女性比率

  • 会員総数 676名
  • 一般会員の総数 565名
  • 学生会員の総数 72名
  • 理事・監事の総数 14名
  • 評議員・代議員の総数 114名
  • 会員の女性数 184名
  • 一般会員の女性数 153名
  • 学生会員の女性数 30名
  • 理事・監事の女性数 2名
  • 評議員・代議員の女性数 14名

お知らせ

  • 2022年4月7日男女共同参画に関するページを開設しました。情報発信をしていきたいと思います。
  • 2022年4月7日男女共同参画学協会連絡会では2021年10月20日から11月30日にかけて第5回大規模アンケートを実施しました。会員の皆様にも回答にご協力をいただき感謝申し上げます。このアンケートはおおよそ4年に1度実施されているもので、男女共同参画学協会連絡会が自然科学系の研究者・技術者を取り巻く現状を把握する重要な調査です。調査結果は貴重な統計的根拠として、国の政策決定の参考にもされます。研究者・技術者の声を社会に発信する場です。今後、集計と解析がおこなわれますので、結果が出ましたらまたお知らせいたします。